床ひかり・心かがやく―ミルトスワックスがけ奉仕

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月29日。
ミルトスの会(おおむね若者の会)とオリーブの会(おおむね女性の会)有志の兄姉にて教会床のワックスがけ奉仕が行われた。
 ワックスをかけて拭くと、きれいに床が輝き、滑りずらくなる。まことに感謝なことです。
 自分たちの手で掃除をし、床を磨くことに、教会を愛することのはじめを感じます。
 汗と共に、心も輝いた気がいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です