闇の中にこそ宿る光-クリスマスキャンドルライトサーヴィス

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月24日(水)、キャンドルライトサービス(クリスマスイヴ礼拝:燭火讃美礼拝)が、礼拝堂において、献げられる。
 出演のお一人おひとりはモチロン、点燭、受付、電燈、パソコン操作と、本当に教会の一人ひとりが、心を注いで創りあげた礼拝。
 多くの方々が来ていただく事を願いましたが、神さまのみ腕でもって、本当に多くの方々、室町教会初めての方々も、不思議に呼び集められ、主の不思議に愛の宿る出来事を味わうことができました。 
 「神さまにできないことは何一つない」(ルカ1:37)。そのことが、目の前に起こっていることに、感動しました。
 ロウソクの炎の暖かさ、光を味わいながらの聖なる夜の讃美礼拝。イエスの灯火から一人ひとりに与えられているいのちを象徴する炎が分け与えられ、そしてクリスマスの救いが、出演の兄姉のセリフ、聖書朗読、讃美歌によって明らかとなっていく。闇、戸惑い、困難、痛み、弱りの中にこそ、まことのいのちと愛が舞い降りた日―それがクリスマスであることを、こころ震え、実感しました。ただ、神さまに感謝いたします。

先立ちゆく星の光に導かれ、祈りながら、これからの時も歩みゆきたいと願っています。
神さま、導いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です