朝岡勝牧師が取り次ぐ熱い説教と講演に心震える

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年5月8日(日)。
 教会創立122年記念礼拝が行われ、東京の日本同盟基督教団・徳丸町キリスト教会より朝岡勝牧師を迎え、「良い羊飼いに導かれて」との説教を取次いでいただいた。信仰が問い直されて、熱い思いのたぎるみ言葉に、身も心も魂が熱くされた。
 午後には、おうどんを食べた後、
 講演会「忘却の波に抗って―震災から五年、悩みつつ、祈りつつ―」を開催。多くの方々と共に、覚え続けること、悩みながら行い続けること、いのちの側に立ち、祈り続けることを、朝岡先生の静かな語り口より、しかし心震わせながらお聞きした。
 主に深く感謝するばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です