礼拝堂オルガン修復、終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

室町教会の礼拝堂オルガンの調整・修復終わりました。
―5月より浜松(山葉楽器:オルガンの生まれ故郷)にて、職人さんの手により調整・修復なされていた礼拝堂オルガンが、調整の域を超えて、ほとんど再生されたように去る7月20日(木)戻ってまいりました。
 一度、すべて分解し、それぞれのパーツを点検後、経年劣化の部品を取り換えての丁寧な作業。足元の虫にやられていた木部、様々な個所も一から補修し、空気を送るバッグを交換、リードの調整をしてくださっています。オルガンの塗装も当時のままを再現するために、ニスを配合。むしろ木目がそのまま生きるような仕上げとなって帰ってきました。踏板ジュータン仕上の再現、ストップの文字の印字再生、奏楽用椅子の補修など、事細やかな仕上げに深く感謝。
 マツヲ楽器さん(内田姉お兄さま)の徹底した職人魂・職人さん方の修復の業に深く感謝いたします。
 礼拝の欠くことの出来ない奏楽の音が、93年前と同じ響きであることを、神さまに感謝して、なお、喜びの讃美を献げたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です