椎名麟三「街のクリスマス」から―オリーブの会

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月10日(日)。オリーブの会例会は、椎名麟三「街のクリスマス」を共に読みました。
 そのアイロニー(皮肉)たっぷりの独特の語り口の中に、深いまことを示しうるような椎名麟三の短文に触発され、様々な発言があふれ出し、語り合うことが出来ました。クリスマスについて、サンタクロースについて、信仰について、様々な思いを共に共有し、考え、様々に味わうことが出来ました。
 その後には、クリスマスの喜びを感じながら、美味しいケーキやおやき、フルーツなどをいただきました。感謝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です