「このきよき夜に」、輝く―クリスマスキャンドルライトサーヴィス2016

 去る12月23日(金・休)。
 「クリスマスキャンドルライトサービス2016」が、礼拝堂において、献げられました。
 今年は、大きく内容を変更―特に同志社女子中高のクリスマスページェントで歌われる歌(「あゆめるヨセフに」「きよきたびびと」などのマリア、ヨセフの独唱)などを入れて、朗読歌劇「このきよき夜に」を、皆さんと一緒に創りあげました(マリア・ヨセフの歌の練習は、奏楽奉仕と共に二カ月。博士は一か月の歌の練習)。マリアやヨセフの歌が入り、セリフもより簡潔に、しかし分かりやすく入れられ、またヤン・ピエンコフスキー「クリスマス」の切り絵版画が、幻想的にクリスマスの出来事を物語りました。
 一人ひとりの熱い祈りが込められた燭火讃美礼拝(キャンドルライトサービス)は、熱く、そしてご降誕への思いも深められながら、多くの方々をお迎えして、主の光を仰ぐことができました。
 まことに、主に感謝いたします。
%e3%83%a4%e3%83%b3%e3%80%8e%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%80%8f2%e6%97%85%e8%b7%afimg_20161223_0002_new-2

うれしいたのしい「こどものクリスマス」―教会学校

こどものクリスマス2016―12月11日(日)16時~19時まで。
今年も神さまのみ手によって、本当に多くの子どもたち・ご家族が教会に招かれ、「こどものクリスマス」をお迎えすることができました。
 はじまりの礼拝メッセージは、絵本「クリスマスのちいさなかね」。イエスさまのお誕生に、少女ラヘルの鐘のサイドストーリーの合わさった良質なクリスマスの物語を一緒に味わいました。
 その後、石田姉のお待ちかね楽しい手話の時間。今回も時間が立つのもの忘れて、楽しみました。
 そしてケーキ作りタイムへ。個性的なケーキを作って、サンドイッチも頬張りました。鈴木姉のお話の部屋(ストーリーテーリング)で、じっくりとお話に心を膨らませ、お楽しみのゲーム「ステンドグラス探し」(吉田一穂兄)をし、ステンドグラスを作りました。

 今年もサンタクロースさんが来てくれて、楽しい質問タイムを過ごす。
 「こどものクリスマス」の夜は、楽しく暮れていきました。
 有志の方々の献身的なお働きに支えられ、クリスマス満たされ、ただただ感謝でした。
img_7085-%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89img_7096-%ef%bc%88%e7%b7%a8%e9%9b%86%e6%b8%88%e3%81%bf%ef%bc%89

「光の方へ」止揚学園にある希望―むろまち講演会 動画アップも

10月30日の良く晴れた日曜日・主日。
 止揚学園より福井生(いくる)園長、そして西竹先生、東舘先生をお迎えして、「第二回むろまち講演会」を開きました。そこでは、本当に大切な「あたたかい心」、そして本当の喜び。そして、これよりもわたしたちはどこに向かうべきなのかが明確に指し示されました。
 効率や順番ではない「まことのいのち」を分かりやすく、そして熱く、そして事実・真実の発言から、熱く福井先生は語って下さいました。まさに夢ではなくて「愛の満ちる世界」は、そこに実現すると。そして東舘先生の軽やかな伴奏に西竹先生の明るい歌=まさに生活より生まれた止揚学園の讃美が、わたしたちをまさに「光の方へ」導いてくれました。
本当に、喜ばしい、胸がポカポカに暖かくなる日曜日でした。

講演会『光の方へ』動画をアップいたしました。ぜひ、お聴きください。