無声映画『浮草物語』を活弁士・遊花さんの語りで―交わり会

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月27日(主日)。
交わり会「無声映画を楽しむ」が、多くの教会の方の知人、地域の方々も迎え、楽しみ喜ぶことが出来ました。

礼拝後、教会員の宮田姉の美味しいおうどんをいただき、13時から小津安二郎監督『浮草物語』(1934〔S9〕、蒲田映画)を無声映画活動弁士・遊花さんの七色の声音で味わいました。
男女の関係などは、現代人の感覚では戸惑うこともありながら、さすが名画だけあって、日本的情緒が溢れ、心の繊細な動きが描かれている素敵な映画でした。
良き会。良い映画。良き語り。すべて感謝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です