室町教会創立一二五周年記念礼拝・記念愛餐会 報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月12日、主日。

光輝く中を「室町教会創立一二五周年記念礼拝・記念愛餐会」が行われた。歴史を顧み、室町教会で歩まれたお一人おひとりの信仰にも思いを寄せるひとときを持つことがゆるされ、深く感謝いたしました。

 前日より、長老を中心に1F受付、愛餐会場(集会室)等の準備(テーブルクロスをしつらえて、お茶を並べ、お花などできれいに飾る)をし、当日も早くから集まって、準備、掃除。前々から備えていた日曜日は始まりました。

 礼拝には、遠くから近くからたくさんの方々が出席してくださり、記念品(旧会堂絵入A5クリアファイル・革製しおり・新会堂絵はがき)・「聖書・讃美歌集&いわいの花束(返信ことば集)」・週報を手渡し。樋口進牧師のとりつがれた説教『歴史を導く主』(イザ48:12-16)を聴き味わい、喜びの礼拝を献げることが出来ました。  記念撮影後、記念愛餐会へ。

 室町教会の古き時代のお話を、お二人の兄姉に思い出と共に語っていただきました。柏井忠夫牧師の言葉(「近くの教会に行くものだ」)などをお聞きしました。

 愛餐会にも、多くの方々がお残りくださり、二和佐の仕出し弁当を共にいただき、歓談の時を得ました。

 また、遠くから駆けつけて下さった兄姉、それぞれの室町教会との関わりについてお話しを頂くひととき。日高善一牧師のお人柄やかつての教会の厳しい信仰の訓練、戦時下の雰囲気。また樋口牧師夫妻の時のあたたかい交わりのお話。ご家族の歴史と「家」としての教会のおはなし。室町教会に連なる家族5代のお話など、生き生きとした「あかし」の時でもありました。  最後に樋口進牧師、樋口良子姉に八瀬の墓地に教会のお墓を求めた出来事(池田菊枝姉:熱心な信仰)、新会堂建築の端緒(神の時々のサイン)、『百年史』のご苦労、また教会に支えられて感謝のことなど、それぞれ話してくださいました。

室町教会の歩みの背後で常に働き、導いて下さる神さまに深く感謝した、一二五周年の主日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です