125周年特別メッセージ礼拝第一回 藤浪敦子牧師 来会

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年 6月30日(主日)。

 一二五周年企画として『125周年記念特別メッセージ礼拝』(牧師メッセージリレー)の第一回目として、学生時代に室町教会で過ごされた藤浪敦子牧師(京都丸太町教会副牧師)をお迎えした。

 説教『神の輝きに照らされて』(ヨハネ2:1-11)をとりついでいただき、午後にはお連れ合いの新野さん、そしてお三人のお子さんたちと共に、「克」さん特製の弁当で交わりを深めることが出来ました。  

 その記念昼食会の時には、藤浪先生がサンフランシスコのパイン合同メソジスト教会におられた時のお話-その日系教会の歴史と雰囲気(日本食・和菓子などが交わりの時に出てくる)や質問に答える形で、新野さんもアメリカでの日系社会の状況なども教えてくださいました。

 また藤浪先生が、在米中に学び、研修を受けられた「牧師交替の時に働く牧師」ー不安を和らげ、教会の課題を出来るだけ解決し、そして次の牧師に受け渡していく働きについても、聴くことが出来ました。

 祝祷(Go Peace!)の質問にも、真摯にお答え下さり、信仰も熱くされました。  お忙しいさ中での、ご来会に深く感謝し、ご家庭に、尊いお働きに、神さまが共におられますように、お祈りをいたしました。  感謝して。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です