125周年特別メッセージ礼拝 第二回 廣瀬規代志牧師 来会

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年7月21日・主日。

室町教会八代目牧師で、8年間(2005~2013)室町教会を牧して下さった廣瀬規代志牧師・廣瀬志保姉ご夫妻をお迎えして、一二五周年の特別な礼拝を持つことがゆるされ、深く神さまに感謝いたしました。

説教『ナインの町で』では、廣瀬規代志牧師のお兄さまが召天なさった時の体験・その実存的経験より、”主はわたしたちのありのままを受け取ってくださり、共にいてくださる”というあたたかな励ましのメッセージをとりついで、聴く一人ひとりの信仰に沁みわたらせてくださいました。

また礼拝後、1階集会室では「廣瀬喜代志牧師・廣瀬志保姉をお迎えしての記念昼食会」をあたたかな雰囲気の中、交わりを楽しむことができました。また教会の兄弟がいろいろと調整して下さり特別に「豆籐」さんのボリュームたっぷりのお弁当が届けられ、お腹いっぱいに、胃の腑の底から喜びを堪能。また女性の教会の方がお手製のチーズケーキを作ってきていただき、温かな親交を得ることが出来ました。廣瀬規代志牧師・廣瀬志保姉との思い出を一人ひとりが噛みしめながら、通い合う信仰を実感するひと時、結びの主にあって豊かに味わいました。時々に働き、相応しい助け手、助け主を送ってくださる主に感謝に深く感謝して。 喜び・愛、共に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です